ジェネラティブ・

スタンフォード大学心理学博士 スティーブン・ギリガン直伝

国際ジェネラティブチェンジ協会(IAGC)のチームチェンジスキル

チームに成果をあげる高度なグループセッションが身につきます

開催日

2019年9月28日(土)〜30日(月)

国際ジェネラティブチェンジ協会

ファシリテーション

スティーブン・ギリガン博士

POINT

01

スティーブン・ギリガン博士による直接指導

POINT

02

対人グループセッション技術の向上

POINT

03

万全のサポート体制でしっかり身につく

6つのステップで深いレベルから変容を起こす、ジェネラティブの真髄

スティーブン・ギリガン博士から直接奥義を学べる3日間

やる気のある組織

OR

・成果が上がる

・能動的

・責任感

・フォローしあう

・意欲的

・笑顔がある

やる気の無い組織

・結果が出ない

・責任転嫁

・惰性・機械的

・犠牲者意識

・モラルの低下

・表情が暗い

スティーブン・ギリガン博士の卓越したチェンジワークを、集団を相手に同時に行えるようになる唯一のコース

ミルトン・エリクソンの高弟として名高いレジェンドから直接指導を受けられます

達人のグループセッションを習えて、自分のセミナーやワークが生まれ変わる

通訳はベテランかつ、ギリガン博士との相性抜群の大空夢湧子先生

ジェネラティブ・ファシリテーションとは

生産性の高いチームには、優れたファシリテーション技術が欠かせません。


物事は計画を立ててもなかなか予定通りにいきません。その時、柔軟かつ創造的に障害に向き合い解決策を生み出す必要があります。

不透明な時代にこそ、より創造的なアプローチが求められています。


ジェネラティブ・ファシリテーションでは、あなたが実現したいビジョンをチーム全員に共有し実現をさせる方法を学びます。


チームメンバー、スタッフ、関わる人達にやる気を起こし、最高レベルで質の高いパフォーマンスを発揮することができるようになります。


個人やグループがめざましく前向きで持続可能な創造性を高める方法を学びます。

魔術師と呼ばれたミルトン・エリクソンの催眠技法を、更に次の段階まで昇華させた最新の技法

6つのステップで深い変容を起こす

受講スケジュール

1日目

2日目

3日目

ステップ1:

自分自身とグループの中で良い状態を作り出す


ステップ2:

肯定的なビジョンと意図を持つ

ステップ3:

自分自身とチーム全体を創造的な状態にする


ステップ4:

成功を生み出すために取るステップを理解する

ステップ5:

問題と創造的に関わり変容させる


ステップ6:

一貫した高いクリエイティブな状態を実践に移す

国際ジェネラティブチェンジ協会(IAGC)創設者

スタンフォード大学心理学博士


カリフォルニア州エンチニタスで開業している認定心理学者。

故ミルトン・エリクソン博士の現存する四大弟子の一人。


現在世界各地で高い技術と効果性で多くの信頼を得ているエリクソン催眠の心理療法家として、実力・人気共に世界最高峰。


独自に自己間関係理論、ジェネラティブ・サイコセラピーを展開。仏教、瞑想等への関心が深く、合気道の実践者でもある。現在は太極拳を中心に修練を積んでいる。


邦訳書に『NLPヒーローズ・ジャーニー』(春秋社)、『愛という勇気=自己間関係理論による精神療法の原理と実践』(言叢社)、『ジェネラティブ・トランス』(春秋社)

創造性に関わる3つのレベル

Lv.1 バーバル・マインド

思うこと、話すこと、認知的なレベル。問題を認識する層

Lv.2 セカンド・マインド

具現化された心のレベル、実現可能だと感じる気持ちの層

Lv.3 フィールド

バランスと調和のレベル

異なるものを組み合わせてフィットさせていくことができる層

開催要項

日程

会場

通訳

【3日間】2019年9月28日(土)〜30日(月)

【JR浜松町駅より徒歩1分】

WTCカンファレンスセンターAルーム

大空夢湧子

時間

10:00〜18:15

※終了時刻はエクササイズの進行具合により最大で20分前後する可能性がございます。

(多くの一流講師の通訳をつとめ、ギリガン博士からの信頼も厚いベテラン通訳者です)

8月31日(土)23:59までの早割価格で
今ならご参加できます

大森健巳

ワールドクラスパートナーズ株式会社 代表取締役

IAGC-Japan Representer

ジェイ・エイブラハムのマーケティング理論、アンソニー・ロビンズのコーチングスキル、スチュワート・ダイヤモンドの交渉学、さらにブライアン・トレーシー、T.ハーブエッカー等のワールドクラスの講師から得た学びを駆使し、クライアントの短期業績アップに貢献する。


2014年4月に幕張メッセで行われた、セミナーズフェスタ2014では、6000人の集うセミナーの進行(ファシリテーション)を行い、アンソニー・ロビンズと共にセミナーを行い、アンソニー・ロビンズより絶賛される。


同年8月に品川で開催された、アンソニー・ロビンズの公式プログラムである”ウェルスマスタリー”のファシリテーターを務めた唯一の日本人


また、アンソニー・ロビンズ以外にもロバート・キヨサキ(不動産投資)、ブライアン・トレーシー(販売心理学)、ジェイ・エイブラハム(マーケティング)、ジム・ロジャース(世界三大投資家)、トム・ピーターズ(マッキンゼーの巨匠)といったワールドクラスの大物講演家達と一緒の舞台に立ち、ファシリテーションを行っている。

主催

アラスター・プレンティス

ミルトン・エリックソン財団インテンシブ・トレーニング、催眠精神療法上級レベルを2004年に修了し、2005年よりスティーブン・ギリガン博士と共にジェネレーティブ催眠療法と自己関係のトレーニングや監督活動を定期的に行ってきた。2007年からは日本におけるスティーブン・ギリガン博士のワークショップやトレーニングをスポンサーし、日本におけるギリガン博士のエリックソン流催眠精神治療やジェネレーティブコーチングのコース指導をアシストしている。


東京のお茶の水女子大学臨床心理学研究生にNLPコミュニケーションスキルや催眠精神療法を指導し、大阪大学院人間科学研究科の宮田敬一教授によって開催されたNLPワークショップを指導した。日本催眠医学心理学会の一員でもあり、NLP手法や催眠精神療法に関するワークショップを学会にて開催した。彼はBrief-Net Japanの一員でもある。


ペルーのアマゾン・シャーマニズムのプラクティスや儀式に深い関心を持っており、意識を変容させ、癒し/学び/変革状態に入る深いトランス状態を手に入れる複雑な技術を学び理解するために旅をしたこともある。彼はこれらの伝統をミルトン・エリクソンの研究(エリクソン自身、シャーマン兼「負傷したヒーラー」と多くの人々に認識されていた)を補完するものであると考えている。アラスタは、これら上級プラクティスは皆すべて、「完全なる人間の意識を覚醒させる呼びかけへの答え」を意図しており、「ジェネラティブ・トランス」をより完全に理解することを可能にし、自身と他者により効果的な変化を促す方法を発見する術であるとみなしている。

IAGC-Japan Representer

日本NLP界の創成期を牽引し、20年にわたり日本のNLP指導に携わり、180名以上のNLPトレーナーを輩出。


2003年から2006年までRバンドラーのトレーナーズトレーニングのサポートトレーナーとして同行。クリスティナ・ホール博士のトレーナーズトレーニングでは2003年の開始当初より現在までティーチングアシスタントとしてサポート。


2007年よりスティーブン・ギリガン博士を公式に招聘。


ジョン・C・リリー博士をはじめ、B・オハンロン氏など世界最高峰の先生方の講座を開催。


2011年R・ディルツ氏とS・ギリガン博士が共同創設する国際ジェネラティブチェンジ協会(IAGC-JAPAN)の共同ディレクターに就任、ジェネラティブコーチング認定講座などの啓蒙に務める。

金蔵院葉子

株式会社ホロンPBI 代表取締役

IAGC-Japan Representer

協力

主催会社:ワールドクラスパートナーズ株式会社

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目15-1

セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿704

TEL 03-5990-5222